MENU

 男性誌で紹介されていた出会い系サイト、登録を済ませただけなのに関係を持ちたいと話してくる女性からいきなりメールが送られてきました。
性的な部分で飢えている女性というのは、確かに男性以上に求める傾向があるのは分かっていましたが、さすがにネットの世界だけあって前向きになっているんだなって感じがしました。
どのメールもセックスしたいと言うことを漂わせた文章を書いてきていました。
その中から気に入った2人の女性に対してメールを返信してきました。
早いところメールを切り上げてラブホテルて激しいから見合いを楽しむ、想像するだけでも顔がニヤケて仕方がありませんでした。
相手もとても積極的になってくれるし、あなたとの関係を作りたいだとか、癒して欲しいだとか、書いてくるのです。
メールを読んでいるだけでもムラムラした気分が絶好調に盛り上がってしまっていました。
「なるべく早く会おう、確実に逝かせてあげる」
このように相手に持ちかけたのですが、やはりすぐには難しいと言うような内容のメッセージが返されてきました。
「今年もあなたと関係を持ちたいと思っているんだけど、もう少しメールでやりとりをして、あなたの事を理解してから会いたいんです」
さすがにこの辺はセックスしたい女性でも、乙女心が働いているんだなって感じがしました。
しかし、これだけ積極なのだから、まず間違いなくアポを取ることは可能だろうと思えたのです。
2人の女性とも同様に、しっかりと理解をし相手から待ち合わせしたいという事で暫くの間はメール交換を続けることにしました。
このときに気づくべきだったのですが、この2人のメールが大変よく似た内容だったことでした。
出会いを求める女性だから、やはり似たようなタイプになってしまうのかな?その程度の判断しかしなかったのです。
これが後々悔やまれることとなってきました。