MENU

 男性誌で紹介されていたぐらいだから、これは実際に出会いを見つけられるに違いないという気持ちがありました。
セフレは欲しいという気持ちをずっと持ち続けていましたし、そろそろ性欲も処理しなければ限界に近づいていました。
そんな私だから、雑誌で見た出会い系サイトを利用するまでに時間が必要とありませんでした。
妻以外の肉体で激しいセックスを繰り返して射精をしていく、そんな妄想にすっかりと取り憑かれてしまっていたんです。
利用したのは有料出会い系サイト、メールをする時に課金が必要となってくるものでした。
事前にポイントを購入して、メールするたびに課金が減っていくものです。
上手くやりくりすればそんな出費も出ないだろ、早めにアポに持ち込むことができればいいんだから、そういう判断だったんです。
登録してサイトを利用する事ができるようになった途端なのですが、メールが届いているのです。
きっとサイトの運営側から登録完了のメールだろうと思ったんです。
開封してみたら女性からのものでした。
「あなたに興味があるから、メールしませんか?
最近どうも不満が溜まっちゃって、昔のようなトキメキを感じたいし楽しみたいんです」
「その場限りの関係じゃなくて、会っている時は熱い一時を過ごしたいと思っているんです」
このような内容のメールが何通か届きました。
早いな、さすがに出会い系サイトを利用する女性だから、セックスには随分と前向きになっているんだが、そう思ったのでした。
これだったら挿れ食い状態で、挿入しまくることができるじゃないかと思いました。

こんなに前向きな姿勢なんだから、メール交換も早く終わらせてすぐにセックスしてポイント消費も防げると考えられました。